Home

外国人介護人材育成に向けた教育機関の運営理念

Ⅰ. 深刻化する日本の介護人材不足を踏まえ、外国人の若い世代の安定的な雇用創出に向けて外国人介護福祉士を育成、日本で介護職に従事する人材を輩出する。
Ⅱ. 外国人介護福祉士の中からリーダーを育成、将来的には海外から来る技能実習生を指導する人材を育成する。また母国に戻り、介護事業の中心的な役割を担う。

主な事業内容

①外国人留学生、外国人技能実習生の総合的支援に関わる事業。
②外国人介護士に関する情報を含む人材募集に関わる情報の発信事業。
③外国人介護士の人材育成を行う教育事業及び外国人介護士に対するカウンセリング。
④外国人介護士に関する研修会、会員交流会、講演会、シンポジウム、セミナーなどの開催。

次代の福祉人材の育成めざす!

心構えや姿勢、思いやりの精神などもカリキュラムに。介護業務に特化した、実践的な日本語学校・介護士養成校を大阪に設立を!
介護現場で日々の業務の中で求められる介護のスキルや技術はもとより、本来、介護職を目指す人が備えているべき心構えや姿勢、思いやりの精神などもカリキュラムのベースに盛り込まれた教育機関です。

介護・福祉NEWS

シルバー人材事業 ▼

情報配信 ▼

高齢者の統計 ▼

介護の人材情報 ▼

介護の資格取得情報 ▼